検索
  • from Japan

フィリピン東ネグロス州ギフルガン市保健所長マリーローズ医師と夫エドウインさん撃たれて死亡。同時刻、市役所職員イスラエルさん撃たれて死亡。

2020年12月27日

by moko


2020年12月15日午後5時頃、フィリピン東ネグロス州ギフルガン市で、保健所長の医師マリーローズと夫エドウインが撃たれて死亡した。同時刻、市役所職員イスラエルも撃たれて死亡した。


医師マリーローズさんを含む15名が載った「ヒットリスト」(写真右下)が市内で配布されたのは、2017年11月頃。このうちの5人が2019年に殺害され、マリーローズさんは6人目の被害者になってしまった。

「リストは、古いものではないか。アロヨ時代に見た記憶がある」と、ある人が言っていた。その人も他の数人も、このリストに載っているがすでにギフルガンにはいないのだ。だから、単なるいたずらかもしれない、、と言っていた。そうであって欲しいとの思いから出た言葉だったかもしれない。でも殺人は次々と起きた。

ご夫妻が大切にされていたお子さん。一人残された。これからどうなるのか。


同じ時刻、イスラエルさんも殺害された。彼は、夕飯の支度に使う炭を買うために自宅からオートバイで出たところだった。家から数百メートルの所で、2人乗りのバイクが走行中の彼に近づき、撃ち殺した。


イスラエルさんの息子も2018年に撃たれ、ネグロスを追われた。一命をとりとめたものの、今もその後遺症に苦しんでいる。後遺症と身の危険を案じ、仕事に就くこともできずにいる。


           写真は、Karapatan NegrosのFBページより。

10回の閲覧0件のコメント

​Stop the Attacks Campaign

© 2023 BY SOCIAL ANIMAL. PROUDLY CREATED WITH WIX.COM