検索
  • from Japan

勾留中の農民運動指導者ジョセフ・カンラス氏が急死 新型コロナで 拘置所で感染拡大か

最終更新: 5月29日



【写真】死亡したジョセフ・カンラス氏(人権NGOカラパタンのフェイスブックから)



【11日=東京】政治犯として勾留中のフィリピンの農民団体「フィリピンの農民運動(KMP)」副議長ジョセフ・カンラス氏(59)が11日、新型コロナ感染症のために死亡した。カンラス氏は、新型コロナ感染症で死亡した4人目の政治犯となった。未決囚が収容される拘置所で感染が拡大している危険性もあり、KMPは政治犯の即時釈放を求めている。KMPは1985に設立されたフィリピン農民組織の連合。65州支部、15地域支部から成り、メンバーは土地を所有しない農民や小規模農家ら130万人。農地改革推進や労働環境改善を目指している。


 カンラス氏はフィリピン・ルソン島のパンパンガ州アンヒレス市の拘置所に収監されていたが、5月7日に発熱し、血中酸素濃度が低下。8日にはさらに容態が悪化し、拘置所から同市内の病院へ搬送された。その後、別の病院へ転院されたが、新型コロナ感染症で死亡。カンラス氏は糖尿病と高血圧の持病があった。


 カンラス氏は、今年3月30日に、武器不法所持の容疑で逮捕された。容疑はでっち上げであると、KMPは主張している。同日には、人権団体カラパタンの中央ルソン支部に所属するパラリーガル(法律補助者)のメイ・アルシラ氏や、左派系団体連合バヤンの中央ルソン支部議長、ポル・ビウヤ氏も逮捕された。


 KMPやバヤンによると、逮捕される以前、3人は様々な垂れ幕やポスター、SNSで共産党軍事部門新人民軍(NPA)のリクルーターであるとのレッテルを貼られていたという。


 フィリピンには全国で467箇所の拘置所があり、2019年12月時点ですでに13万4480人と、定員の4倍以上が収容されていた。2019年米国人権報告書によると、拘置所の収容者の98%は公判前の勾留者で、大方は3年以下の刑期と想定される。法律上は、3か月から2年以内に判決が言い渡されることになっているが、時間的制限がない状況である。収容体制の劣悪さは刑務所も同様で、矯正局統計によると、全国125箇所の刑務所における2020年10月20日時点の収容者数は4万8625人で、定員の4倍以上。125箇所の刑務所における2020年10月時点の死亡率は17.89人(人口1000人対)。2018年の全国死亡率は5.6人(同)。


〈Source〉

Detained peasant leader dies of COVID-19 in Pampanga, Rappler, May 11, 2021.

Central Luzon peasant leaders arrested in simultaneous Holy Week raids, Rappler, Mar 30, 2021.



26回の閲覧0件のコメント