検索
  • from Japan

日本は無関係と言えますか? 講演会「フィリピンにおける超法規的殺害:フィリピンの活動家らが真実を語る」

2019年11月25日

by moko


2019年11月24日、神奈川県民センターにて、草の根援助運動との共催で講演会を開催しました。広報の期間が短かったのですが、20人ほどの方にご参加いただきました。参加者の中に、来日予定だったジョン・ミルトン・ロサンデさん(サトウキビ労働者組合事務局長)を含む57人が一斉逮捕されたバコロド市に住んでいたことがあるという方がいらっしゃいました。そんなに厳しい状況にあるとは想像もできないと驚いておられ、今後も注視していきたいと感想を残してくださいました。

最初にジョン・ミルトンさんから、10月31日に不当逮捕されたが11日に保釈されたこと、まだ仲間は勾留され続けていることなどが伝えられました。


57人のうち7人は、いまだ、勾留されているのです。ジョン・ミルトンさんは、武器不法所持で起訴された他、いま、他の容疑でも送検されました。命の危険を感じながら、ご自身の潔白を証明するために供述書を書いたり、弁護士に会ったりしていらっしゃいます。さらに、仲間へのサポートやこれまで通りにはいかないまでもサトウキビ労働者組合の仕事も継続されています。


ゲストのマリア・ソル・タウレさん(人権団体KARAPATAN弁護士)とアリエル・バリン・カシラオさん(農業労働者組合UMA副議長)から、フィリピンで広範に、そして組織的に実行されている超法規的殺害の実態が伝えられました。


お二人も、つねに、殺害や不当逮捕の危険に見舞われています。数日前にも、アリエルさんの事務所に「殺害リスト」が宅急便で送られてきました。


ソルさんとアリエルさんから、ただ話を聞いて同情するのではなく、税金がフィリピンへの防衛装備品供与に使われていること、それは市民の弾圧に加担しているに等しいことを受け止め、援助を止めるよう日本政府に訴えて欲しいとの要望がありました。

73回の閲覧

​Stop the Attacks Campaign

© 2023 BY SOCIAL ANIMAL. PROUDLY CREATED WITH WIX.COM